お久しぶりです

 お久しぶりです。
 花宮あずみ、改め、陵 蒼真(みささぎ そうま)、です。



 数ヶ月、拙ブログが更新できませんでした。
 その理由は「アレルギー性の白内障」によるものです。

 あれは、今年3月くらいだったと記憶しています。
「何だか見えにくい……?」
 ということで、最寄りの眼科を受診したところ、
「両眼とも白内障になっています」
 とのことでした。
「症状が進行し過ぎていて、うちの設備では難しいです。一度大きな病院にかかられることを検討してください」

 わたしは、しばらく動けませんでした。
 何故ならば、
緑内障の発作が起きる可能性もある」
 と、告げられたからです。
 大きな病院、と言われて思い出したのは、以前にがん検診でお世話になった病院でした。
 そこへ、紹介状を書いていただくことに決めました。



 紹介状を持参して、わたしは夫と一緒に眼科を受診しました。
「かなり進んでいますね……手術は5月にしましょうか」
 と、のちに主治医となる方はおっしゃいましたが、わたしは視力を次第に失ってゆきました。
 4月に入る頃には、わたしの視界はもう、真っ白な靄に包まれたかのような感じでした。



 5月下旬、6月中旬の手術まで、わたしは真っ白な世界で生きてきました。
 そのことが、わたしに何か影響を及ぼしたのか、わたしにはまだ分かりません。
 現在、両眼ともに経過観察中です。手術はうまくいきました。

 通常、白内障の手術はものの数分〜15分程度らしいのですが、
「どれくらいかかりましたか? 手術の時間……」
 と、車椅子を押してくれる主治医に訊ねたところ、
「陵さんのはコッテコテの白内障だったから、30分くらいかなぁ?」

 コッテコテ……

 まるで、大阪のお好み焼きのソースのように言われました(笑)
 白内障の入院は、3日で済みました。
 普通は日帰りか1泊だそうですが、わたしの場合は進行し過ぎていたので、
「水晶体を包んでいる袋が脆くなっている可能性があり、眼内レンズを無事に入れることが出来ないこともあります」
 と、事前に告げられていたからです。
 笑い話に出来るのは、今こうして、両眼ともに見えていて、手術はつつがなく終了し、後遺症も特にないからです。


 2ヶ月以上見えていない生活を送っていましたが、やはり見えるって良いですね!
 目は見えて当たり前、耳も聞こえて当たり前、と思いがちになるかも知れませんが、どちらも大切にしていただければと思います。
(わたしは聴覚障害を持っていますので「聞こえていて当たり前」とは考えてはいません)