読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽園を遠く離れて

−−−− 趣味とか日常、ときどき同人 −−−−

書けよ原稿!(ギレンの声で)

 こんばんは、花宮あずみです。


 前のブログから1ヶ月ぶりくらいの更新となりましたが、その間何をしていたのかというと、新しい環境に馴染む努力をしていました。自分としては、まあまあ馴染めたと思います。
 幼い頃には引っ越しや曽祖母の死が重なったりして自家中毒(周期性嘔吐症とも。子どもの自律神経失調症と呼ばれています)になったりしましたが、今回はそのようなことはなく、幸いなことに愛猫も新生活に人間たちより馴染んでいるようです。



 さておき、同人誌を出すのが秋に延びまして、また原稿の見直しをしています。
 またか、って感じで生ぬるく見守っていただけると嬉しいです。

 小説は見直すことが多々あるものですが、昔は一気に波に乗って書いていたことを思い出したりもします。
(そのため誤字が見つかって「あっ」となるも印刷してしまって手遅れとか。花宮あずみ名義ではありません)


 書くことが楽しいことだと教えてくれたのは、当時の友人であり、また恩師でもありました。
 その感動を忘れない、そんなわたしで居たいです。何歳になっても。
 一時期は書くことすらやめていましたが、またあの感動がよみがえってきた、そんな感じです。
 よみがえらせてくれたのは、現在の友人や夫であったり、『楽園追放』という素晴らしいアニメのおかげだったりします。ディンゴとアンジェラ、そしてフロンティアセッターをこんなにも好きになるとは、最初ブルーレイを観たときのわたしには、全く予想もつきませんでした。

 もしも夫が「字幕はないだろうけど、この映画観てみない?」と誘ってくれなければ。
 そして、ノベライズ版がその補完のようにして出ていなければ。
 黙々とマイペースで創作活動を続ける友人たちの姿が無ければ。
 どれひとつ欠けても、わたしは何も書けないままだったかも知れませんでした。


 そうして『花宮あずみ』はつくられているのです。

 なので、ツイッターアカウントは、わたしが『花宮あずみ』としてリブートした頃に作りました。
 いつもディンゴディンゴとばかり言っていますが(笑)、

 本 当 に デ ィ ン ゴ の こ と し か 頭 に な い で す。

 えっアンジェラ……?
 もちろん出てきますので、ご安心くださいませ。
 ただし、ちょっとあほ(関西弁で「愛嬌」になります←)なところが増えたりしていますが。



 アニメに限らず、クリエイティブなもののパワーって凄いんだな、と感心しまくって今日は終わります。
 さて、原稿に戻りますよ!