楽園を遠く離れて

−−−− 趣味とか日常、ときどき同人 −−−−

想うこと

忘れじの

おはようございます、花宮あずみです。 突然ですが、わたしには忘れられない友人がいます。 もう明確には覚えてはいませんが、15年ほど前になるでしょうか。「あずみ、会いたいよ。今度、オフ会開かない?」 或る日、そう持ちかけられたのでした。 わたしは…